ミラクル・ミニストリー

いやしの集い
 第214回 
今年最後のミラクルミニストリー
祝されました。

 
クリスマス一色の
12月20日(木)午後7時より
第214回ミラクルミニストリーを
持たせて頂きました。

遠くから近くから
遠くは長野から
50名程の方々が
お出で下さいました。


特にお証詞の場は
ありませんでしたが、
按手のお祈りを受けた後
指が開くようになったと言って
喜んでおられるご婦人、
足腰の痛みから
解放された喜びの中に
おられるご婦人がたが
おられました。


集会の中で
田中芳子師が
クリスマスに、ツリーがないクリスマスは
初めてだったと、
アメリカから米沢に来られた
当初の極貧生活のゆえに、
大変なご苦労を経験され、
泣かなかった日は一日もなかったと語られました。
しかし、そのお陰で痛み苦しみをかかえている
方々のお気持ちはよくわかります。
神様は
「あなたはわたしの宝の民」
「わたしはあなたを祝福する」
これはお一人お一人への
神様の約束です。
明日の命が約束されて
いる人はここに誰もいないのです。
今日が始まりで終わりの如く
与えられた一日一日を
大切にしていきましょうね。
と締めくくられました。

皆様のお祈り、ご参加を感謝いたします。


次回の集会は

只今検討中でございます。

決まり次第にご連絡
させていただきます。


賛美と御言葉と祈りに
満ちたこの集会に
次回も期待を持ってお集い下さい。


皆様の祝福を心よりお祈りしつつ…
ミラクルミニストリー事務局

こちらから    こちらから  

 プロフィール
*田中(ジェーン)芳子師からのメッセージは こちら
 *大切なあなたさまへ事務局からのメッセージはこちら

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

教会topへ

戻 る