これは、米沢興譲教会の日曜礼拝で使われる週報(礼拝プログラム)に毎週、掲載されているショートメッセージを集めたものです。
筆者は、田中信生 主任牧師、また他の牧師先生方も書かれます。
 あなたの霊的健康のためにお役立て下さい。

バックナンバー


1月




2月




3月




4月




5月




6月



7月




8月




9月




10月




11月




12月




 三六〇度思考(1月28日)


 「何であの人は!」と、つい私たちは人を批判したくなりますが、それはあなたとは違う考え方を持っているだけなのです。批判をするのではなく、様々な角度から物事を考えるチャレンジが大切です。
 以前、埼玉県の50代の高校教諭が、自身が担任を務める一年生の入学式を欠席しました。その理由は「息子の入学式なので、学校の入学式は休みます」というものでした。この先生の行動は、大きな物議をかもしました。「自分が勤める学校の入学式、それも担任なのに、職場放棄をしていいのか」という批判が殺到した一方で、「親なんだもの我が子の入学式のために休んでもいいのではないか」という意見も多数寄せられました。
 そこである機関が何万人もの人からアンケートを採りました。すると前者の意見も後者の意見もほぼ同数の約50%でした。厳密に言えば、後者に賛同した人の方が若干多かったそうです。要するに、物事は考え方次第ということです。
 イエス様は、どのような状況にあっても、その時に適った言葉で対応されました。私たちも祈りつつ、三六〇度思考にチャレンジしていきましょう。
「怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める 者は城を攻め取る者にまさる。」(箴言16・32)