これは、米沢興譲教会の日曜礼拝で使われる週報(礼拝プログラム)に毎週、掲載されているショートメッセージを集めたものです。
筆者は、田中信生 主任牧師、また他の牧師先生方も書かれます。
 あなたの霊的健康のためにお役立て下さい。

バックナンバー


1月




2月




3月




4月




5月




6月



7月




8月




9月




10月




11月




12月




 問いかけ(8月13日)


 日々の会話の中、自分に対しても他者に対してもどのような質問をするかで人生の方向が決まります。質問は、その人のいる位置を鮮明に語ります。
 他者に対する問いは3種類あります。
  1.相手が聞いてほしくないことを聞く
本質を突く名医が、患者さんが嫌がっても的確な診断のための質問をするように……。しかしこれは、次のレベルを通し、配慮の麻酔が効いてからの方が効果的です。
  2.こちらが聞きたいことを聞く
人は自分の興味や関心のあることを質問しがちです。しかし、そのような問いを一度発すると、本質とは異なる所に誘われることが常です。まずは、自分の興味を一度棚に上げることも知恵のある方法です。
  3.相手が聞いてほしいと思うことを聞く
人には自尊心があり、自分を高めていきたいと願っています。時には本人も気がつかない、聞いてほしいところをしっかり質問することです。「お元気の秘訣は?」「すてきな人生を送っていらっしゃいますがそのコツは何ですか」等々。
 イエス様が、十分相手を熟知していても「あなたは何をしてほしいのか」と問われたように。