これは、米沢興譲教会の日曜礼拝で使われる週報(礼拝プログラム)に毎週、掲載されているショートメッセージを集めたものです。
筆者は、田中信生 主任牧師、また他の牧師先生方も書かれます。
 あなたの霊的健康のためにお役立て下さい。

バックナンバー


1月




2月




3月




4月




5月




6月



7月




8月




9月




10月




11月




12月




 人生の土台は何か(4月23日)


 ユダヤ人が、政治経済、芸術等々あらゆる面で優れているのはなぜか……と話題になります。たとえば、人口は日本の10分の1以下であるにもかかわらず、ノーベル賞の受賞者は日本人受賞者数の10倍もおられます。
 あなたも数々の理由を挙げることがおできになるでしょう。最も根幹的で、どなたも共通してお答えになる理由の一つは「小さい時から、徹底的に唯一なる全能の神の存在を身体で覚えるから」です。国を持たず、世界中に流浪していた時も、置かれている時と場所を問わず自立し、生き抜いてきました。
 自立とは、この地上の何ものにも頼らず、自分の足で立つことです。その自分の足元の土台が揺るぎないもの、すなわち、全能にして、共におられ、最大の理解者であり、計りごとを必ず完成してくださる神を土台とすることです。その神を信じる世界は、何人であろうとも、今も現在も確かな人生の唯一の祝福の道です。
 あなたは人生の土台をどこに置いていますか。
 今週も、洪水のように押し寄せる情報の中にあっても、しっかりと神の声を聞き、神と共に歩んでまいりましょう。
 
 「静まって、わたしこそ神であることを知れ。」
                  (詩篇46・10)