これは、米沢興譲教会の日曜礼拝で使われる週報(礼拝プログラム)に毎週、掲載されているショートメッセージを集めたものです。
筆者は、田中信生 主任牧師、また他の牧師先生方も書かれます。
 あなたの霊的健康のためにお役立て下さい。

バックナンバー


1月




2月




3月




4月




5月




6月



7月




8月




9月




10月




11月




12月




 対応できる実体(10月15日)


 不安や試練のただ中にある人に出会った時、あなたの在り方一つが方向性を決定します。相手の不安に引き込まれるのか、すなわち反応するのか、あなたの確かさで良き対応ができるのか……。クリスチャンの特権は、良き対応ができることです。
 今春、タクシー運転手の藤原さん(66歳)は、姫路市の路上で乗せた男性客(25歳)に髪の毛を掴まれ、刃物を突きつけられて「金を出せ」と脅されました。藤原さんは「未来に満ちたあなたが、このようなことをしないほうがよい」と、興奮している乗客に対し落ち着きをもって接しました。男は、金がなく、食べ物も寝る場所もないことを打ち明け、心情を吐露(とろ)しました。藤原さんはファミリーレストランで男に食事を提供し、仕事に戻りました。その時、男は「ごめんなさい」と深く頭を下げました。藤原さんは警察に通報しませんでしたが、男は、その日午後2時半、交番に自首しました。懲役1年6ヵ月の求刑を受けましたが、男は藤原さんの深い愛に接し、「どんなことがあっても人生をやり直して、藤原さんのような人生を自分も生きたい」と決意したのです。
 このようなドラマチックな出来事ではなくても、私たちは小さな迷惑に出会います。今週も、神の愛に満たされつつ、あなたの生活の中で神の実体を人々に示していくことができることは、何とすばらしいことでしょう。