2017年11月の霊想



   いつまでも残るもの(11月5日)


南極にある小屋の中から、100年以上前のものとみられるフルーツケーキが見つかりました。20世紀初頭に活躍した英国の探検家ロバート・スコットが率いた隊の一部が、科学調査を行った1911年に残したものとみられます。見た目と匂いからは、まだ食べることができそうでした。
 100年以上も昔の物だとしても、場所や環境が整っていればまだ食べられるという、驚くべきことが起ることを証明しています。
 しかし、それ以上に、神のことばは環境や状況に一切影響を受けず、いつまでも残り続けます。 「天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びる ことがない。」(マタイ24・35) 変わりゆく日々の中、一時的な朽ちるものにではなく、いつまでも残る神のことばに心を留めて生きることが大切です。  今週も、神のことばに目を注いで、揺るぎない人生を生きましょう。
 
「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないもの に目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないも のは永遠につづくのである。」(Ⅱコリント4・18)



 希望の人(11月12日)


 人生、どうしても避けられない出来事に遭遇します。  西山麗(れい)さんの夢はオリンピックに出ることでした。麗さんは幼稚園の頃、大動脈弁狭窄・閉鎖不全症という病気であることがわかりました。運動が大好きな彼女は、激しいスポーツはだめでしたが、練習量を調整しながらスポーツを続けました。中学からは、試合中、交代で休めるソフトボールを始め、スポーツを諦めませんでした。
 どんな人も、先が見えないやみの中にいる時でも、心の中に希望の光を見出すことで、将来に向けて一歩進み始めることができます。
 そして「オリンピックに出たい」という夢は遂に実現し、北京五輪では金メダルを取りました。現在は「病気に生まれてきてよかった」と思うほどまでになり、「すべてのことには必ず意味がある」との教えを胸に、同じような病気の人、苦労している人たちの希望になれるように励んでおられます。
 
 あなたも、今日、誰かの希望の人となるのです。
「あなたがたは、以前はやみであったが、今は主にあっ て光となっている。光の子らしく歩きなさい」(エペソ5・8)




 日ごとに新しくなる(11月19日)

 超高齢化社会、という言葉も耳に馴染んできた昨今です。せわしい日常にあっても、神様との交わりを生きることはすばらしいことです。なぜなら、神様と共に歩む人にとっては、いつも終わりが始まりであり、内なる人が日ごとに新しくされていくからです。
 柴田トヨさんは、90代に入って腰を痛め、日本舞踊を踊れなくなった時、息子さんの勧めで詩を書き始めました。コツコツと書きためた作品が新聞の投稿欄に掲載されると、大きな反響を呼びました。やがて、自費出版した処女詩集『くじけない』が評判となり、150万部の記録を作り、歴代最高齢での文壇デビューとなりました。
 90歳と言えば、一般的にチャレンジ精神や創造意欲とは無縁のように思いますが、身近にこのような方がおられることは、何と大きな励ましでしょう。
 自分も年を取ったらそのような生き方をしよう、と言うのではなく、何歳であろうとも、今からでも、このようなチャレンジ精神を心がけなさることが、やがて時が来て、豊かな実を結ぶのです。そのためには、つながるべき方につながり続けることです。  
「だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたち の外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくさ れていく。」(Ⅱコリント4・16)




 (11月26日)