2018年09月の霊想



   心あたたまる教会(9月2日)


 日本には2万7千もの温泉の源泉があり、簡単に豊富なお湯を得られるという恵まれた環境にあります。その歴史は古く、古事記などの歴史書にも温泉入浴に関する記述があり、その後も脈々と現在まで入浴習慣が続いています。
 私たちの教会を「温泉教会」と呼んだ方がおられます。なぜなら、神の言葉によって体の芯からあたたまり、傷ついた奥深い心が少しずついやされていくからです。さらに、教会に集う人たちとの交わりにより、心がぬくもりで満ちるのです。様々な悩みや問題を持った方が集うことがありますが、どのような人でも歓迎される教会です。
 たとえ地上では、近くに親兄弟や親戚がおらず、天涯孤独であったとしても、あなたには神の兄弟姉妹、すなわち、神の家族が備えられています。そして神の家族が助け合い、支え合っていく、これが教会の使命です。
 
 わたし(イエス・キリスト)があなたがたを愛したよ うに、あなたがたも互いに愛し合いなさい。(ヨハネ15・12)



 (9月9日)


 1997年2月、アラスカ州で起きた高校銃乱射事件で、ロドニー・トーマス氏は息子のジョシュを失いました。加害者は同じ高校に通う少年でした。
 事件の多くの被害者が「愛する人の命を奪った者はその命で償ってほしい」と要求するのに対し、トーマス氏は加害者に「もし、息子が君をいじめていたとしたら、申し訳なかった。」と逆に謝罪し、聖書を手渡したのです。裁判を傍聴に来ていた人々はその言葉に驚愕した、とニュースは伝えます。
 ゆるせないことによって損失を被るのは、加害者ではなく自分である、と理解はできても、それを身体に、生活に落とし込むことは何とむずかしいことでしょう。
 しかし、クリスチャンにとって、イエス様が私の罪のために死なれ、私はゆるされた存在であることに思いをめぐらす時、誰もが神の国の大使として、トーマス氏のような歩みができるのです。
 今週も、すでにゆるされている存在であることに感謝し、そこに希望をおいて前進しましょう。
「神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、…わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。…わたしたちはキリストの使者なのである。」(Ⅱコリント5・19~20)





 (9月16日)






 (9月23日)






 (9月30日)