2019年01月の霊想



   おもてなしの心(1月6日)


 実り豊かな人生を生き、その生き方がまわりの人々にも深く影響する道を考えてみましょう。
 まず第一に、問題から逃げず、問題の本質を見極め、最も有効な対処法を忍耐深くとる方法です。状況や物事によって、この方法が最も良いことがあります。
 しかし、この方法が自分に合わないと感じるなら、問題を見ているうちに慣れてしまったか、あるいは、問題にとらわれてしまっているのかもしれません。よく申し上げるように「あの木にぶつからないように、あの木にぶつからないように、と向かう時はすでにぶつかっている」のです。
 他方、状況や問題を見ないで、問題とは逆に、本来あるべき方向にしっかりと目を向ける方法です。自分の前に立つ暗い影を見るではなく、向きを変え、影をもたらした光がそこにあることに目を向けるのです。「できない」という方向に向いて「できない」と語るのではなく、希望に向かって「大丈夫、できる」と言葉に出し、くり返し語り、新しい習慣を身につけることです。
 聖書にも「後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ」(ピリピ3・13)と励ましがあります。これを意識し続け、試み続けていると、やがて、習慣があなたの生き方となり、あなたの生き方が、まわりをも変えていくのです



 未知の世界への一歩(1月13日)


 プロスキーヤーの三浦雄一郎さんは86歳。自分への挑戦はまだまだ続いています。今月、南米大陸最高峰アコンカグア(標高6962m)に登頂し、スキーで滑降することを目ざしています。「まずその頂上に立ちたいという願望がある」と言われました。三浦さんのように未知への冒険でなくても、新年、あなたにとって、今までしたことがない領域へのチャレンジは何ですか。
 聖書で「信仰の人」と言われた人たちは、皆、このようなチャレンジを経験しました。「信仰の友・信仰の父」と呼ばれたアブラハムは、高齢でありながら「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」(創12・1)と、主から言われました。慣れ親しんだ場所や、親しい人たちから離れることは、とてもつらいものです。ましてや最愛の家族との訣別は言葉では表現できない切なさです。しかし、主の語りかけを聞き、「アブラムは主が言われたようにいで立った」(創12・4)と、未知の世界に踏み出しました。アブラハムも、「神を信じて歩む信仰の頂上に立ちたい」という願望があったのです。
 あなたの主にある願いは何ですか。主がその思いを助けてくださいます。一歩踏み出してみましょう。その時、今まで見ていた景色が大きく変わります。




 未知の世界への一歩(1月20日)

 プロスキーヤーの三浦雄一郎さんは86歳。自分への挑戦はまだまだ続いています。今月、南米大陸最高峰アコンカグア(標高6962m)に登頂し、スキーで滑降することを目ざしています。「まずその頂上に立ちたいという願望がある」と言われました。三浦さんのように未知への冒険でなくても、新年、あなたにとって、今までしたことがない領域へのチャレンジは何ですか。
 聖書で「信仰の人」と言われた人たちは、皆、このようなチャレンジを経験しました。「信仰の友・信仰の父」と呼ばれたアブラハムは、高齢でありながら「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」(創12・1)と、主から言われました。慣れ親しんだ場所や、親しい人たちから離れることは、とてもつらいものです。ましてや最愛の家族との訣別は言葉では表現できない切なさです。しかし、主の語りかけを聞き、「アブラムは主が言われたようにいで立った」(創12・4)と、未知の世界に踏み出しました。アブラハムも、「神を信じて歩む信仰の頂上に立ちたい」という願望があったのです。
 あなたの主にある願いは何ですか。主がその思いを助けてくださいます。一歩踏み出してみましょう。その時、今まで見ていた景色が大きく変わります。




 シンプルな生き方(1月27日)

 「学歴詐称」が話題になります。ありのままでよく、あなたにしかできない働きがあることを知らないと、つい、良く見せたい、という思いに駆られるものです。
 田中耕一さんは、現役サラリーマン初のノーベル化学賞受賞者です。自分は博士号を取っていないからと、授賞式で「ドクター・タナカ」と言われることを固辞し、「ミスター・タナカ」と変えてもらったことを覚えておられるでしょう。田中さんは、ノーベル賞受賞後、勤務先の会社からの役員就任要請も断りました。自分は何のために生かされ、どこを目指しているかをしっかり知っておられるからです。
 さて、あなたの人生はいかがですか。
 「自分は生きていく価値がある」という不動の確信を持つことが人生の目的です。そのことを疎かにすると、気がつかないうちに、不必要なものを身にまとい、ムダな時間やお金を費やします。人生のどこかでそのことに気がつき、ムリ、ムダ、ムラのない生き方を心がけたいものです。
 
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。」(イザヤ43・4、新改訳)