2019年03月の霊想



   大丈夫はあなたから(3月3日)


 米沢興譲教会の合い言葉は、ローマ8・28から、「どんな時も大丈夫」です。問題や試練に出会った時、祈り考える時、また、他者から相談を受けた時など、まず第一声は「それはすばらしい」で、ここから始まります。
 Aさんは「そのことが少しずつ身についてきた」と、魅力ある笑顔を振りまかれます。下り坂に見えるところにあっても、心はいつも大丈夫に支えられる生き方は何とすばらしいことでしょう。
 アメリカの詩人ホイットマンの詩です。
 
  「女あり 二人ゆく
   若きはうるわし
   老いたるは なおうるわし」
 
「うるわし」と表現されている言葉から、美しさ、内面からにじみ出てくる音色や香りが感じられます。年令を重ねても、「外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。」(Ⅱコリント4・16)のみ言葉を味わい、生活の中で生かす時、すべてのことに大丈夫、すなわち、「すべてのこと相働きて益となる」が、日々、実を結びます。
 今週も、それを自らが味わうだけでなく、他の人にお分かちできる一週間としましょう。


 祝福の一歩を踏みだす(3月10日)


 まだ海外旅行が一般的でなかった時代、日本人の目を海外に向けさせたのは、旅行ジャーナリストの兼高かおるさんでした。長寿テレビ番組『兼高かおる世界の旅』は、自ら企画、出演し、31年間に約150か国を訪問。海外への観光渡航が自由化される前の日本人に夢を与えました。
 どの時代でも、だれにでも、新しく広がる世界や夢は無限にあるものです。あなたには、残されたこれからの人生に、どのような新しい世界と夢がありますか。
 信仰の父と呼ばれたアブラハムは「信仰によって、アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時、それに従い、行く先を知らないで出て行った。」(ヘブル11・8)と語られています。
 あなたにとっての夢は、実際に海外に出かけ、観て学ぶことかもしれませんし、あるいは、新しい分野にチャレンジすることかもしれません。どのようなことでも、アブラハムのように神様に示されたところに向けて一歩踏み出すことが、新しい世界や夢に身を置く道です。
 今週も、神の言葉に聞き、受け継ぐべき神の祝福を確信し、一歩踏み出しましょう。それが、あなたに与えられている神からの贈り物です。




 新・3K(3月17日)


 3K(きつい・汚い・危険)という言葉がありますが、豊かな生き方の3Kもあります。その一つは、感謝・工夫・希望で、味わい深いものがあります。
   感謝(Kansha)
「絶えず祈り、すべてのことに感謝しなさい」のみ言葉が生活の中で根を下ろす時、喜びをありがたいと思うレベルから、どう見ても感謝できない状況のただ中で、天の窓から状況を見、考える時に喜びがにじみ出てくるのはクリスチャンの特権です。
   工夫(Kufu)
恵みは確かに「棚からぼた餅」の要素がありますが、どこから落ちてくるかをしっかり見極め、そこに全力疾走するのも、人生の醍醐味です。そのためには、工夫し、検証し、進化させることを日常のサイクルとして機能させていくことです。あなたは、今、どのようなことに挑戦し、工夫、改良を試みていらっしゃいますか。
   希望(Kibo)
「希望は失望に終わらない」のみ言葉に支えられ、聖霊様に満たされ、感謝し、工夫をしていく時、すべてのことが相働いて益となる体験をします。生活のすべてのことが神様のために用いられることを日々見いだし、実践できるのがクリスチャン生涯の特権です。





 (3月24日)






 (3月31日)