2019年05月の霊想



   永遠のパスポート(5月5日)


 海外に出かける時に必要なのがパスポートです。それは、あなたの国籍や身分に関する事項を証明する公文書であり、海外にあっては命の次に大切なものです。
 2018年11月、英コンサルタント会社が、ビザなしで渡航できる行先数を数値化したランキングを発表しました。日本は190ヵ国中、初の単独首位。ビザなしで渡航できる国の数が最大である日本のパスポートが世界最強になりました。
 地上にあって国籍がとても大切なように、永遠の御国に生きるためにも、救いを保証するパスポートが必要です。その保証とは、私たちが神の国から迷い出て、霊的国籍を失ってしまったことを認め、その回復のために神が遣わされたイエス・キリストを救主として信じることです。それにより、もう一度、神の国の住民としての保証を得ることができるのです。
「しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。」(ピリピ3・20)
 永遠を生きるための確かな保証を持つことが、何が起こっても平安に生きる最大の秘訣です。あなたはそのパスポートをお持ちですか。



 神の愛(5月12日)


 今日は母の日です。「母の愛は、神の愛に最も近い」と言われるのは、更正は不可能と思えるような子たちにお母さんを通して神の愛が流れ、人生が劇的に変えられたというお話が数多くあるからです。
 『アメイジング・グレイス(Amazing Grace ・驚くばかりの)』は、日本でも、CMをはじめ、様々なところで使われ、世界中の人が愛する讃美歌の一つです。
 18世紀、イギリスの奴隷商人ジョン・ニュートンは、イギリスの品物を西アフリカに運び、引き替えに奴隷を連れて帰るという仕事をしていました。彼は荒くれ者で、奴隷に対しても冷酷で、「神は存在しない」と言ってはばかりませんでした。
 ある日、彼は大きな嵐に遭遇し、死に直面して初めて「神様助けてください」と叫んだのです。彼は、九死に一生を得たばかりか、そのことを通して、彼が7歳の時に亡くなった母が残してくれた聖書を読み始め、神様の愛に触れ、新しい人生を始めました。その喜び、感動が、讃美歌『アメイジング・グレイス』になりました。
 この計り知れない神様の愛を知り、それがあなたの血となり肉となり、その感動がまわりの人々に伝わり、大きな喜びとなる・・・このことのために私たちは生かされているのです。深く心に留めましょう。




 (5月19日)







 (5月26日)