2019年09月の霊想



   「人生二毛作」の時代(9月1日)


   主よ
 安楽な生活を求めるよりも
 強い人に私をしてください
 自分にふさわしい仕事を求めるよりも
 与えられた仕事を果たすのに
 必要な力をお与えください
 
 この祈りはケネディ大統領が好んで唱えた祈りです。
 現代は「人生50年」の時代から「人生二毛作」の時代となり、20歳~60歳の40年、60歳~100歳の40年と、否が応でも、人生二毛作の時代をどう生きるかが、すべての人に問われています。この時代を生きるために、内面をいつも強くしてくださる(Ⅱコリント4・16)ことを祈り求めてまいりましょう。
 また、自分にとって不都合と思われるような人生の出来事に誰でも行き当たります。そのような出来事に対し、私たちは、つい、安きに流れやすいものですが、そこから逃れの道を求めるのではなく、それを果たすために必要な力を求めていく。このような受け身から能動的な生き方こそ、神を信じる者、最善のみをなしてくださる主に信頼する者の生き方の醍醐味です。
 今週も心して歩んでまいりましょう。


 本当の恩返し(9月8日)


 あなたの恩人は誰ですか?これまでの人生の歩みの中で何人かのお名前を挙げられるでしょう。
 私も、かつて同じ質問を受けました。名を挙げた後、「その方々はあなたを恩人と思っていますか」と問われ、思わず「えっ?」と返しました。「こちらが恩人と思う方にしっかりとお返しをすることです。いつの日か、相手は、逆にあなたを恩人と思うでしょう」と言われたのです。
 大リーガーとして活躍した松井秀喜元選手は、自分の恩人として高校時代の恩師を挙げられました。その先生に尋ねると、「とんでもない、逆です」とおっしゃったのです。「彼の成長、成功のゆえに、その後、自分はどれほど多くの幸運に恵まれたか計り知れない。自分が与えた何倍もの恩を受けている」と言われました。そこで私は「なるほど」と納得しました。「恩人」と思われている人ほど、自らが恩をいただいている、助けていただいたという感謝に満ちていることを思わされました。
 そして、誰よりも、十字架を通して私たちを救いの道に導き、永遠の命をくださったイエス・キリストこそ、私たちの大恩人です。この無償の恵みをくださっているキリストに心からの感謝をもって、今週も歩んでまいりましょう。





 (9月15日)







 (9月22日)






 (9月29日)