2020年10月の霊想



   ノーベル賞秘話(10月4日)


 あなたが否定され、ひどい悪口を言われる時、どのような反応をなさいますか。そのような時こそ、天来の利器「試練は宝」を活用できることは大きな喜びです。
 ノーベル賞がどのようにしてできたかをご存じの方もおられるでしょう。
 アルフレッド・ノーベルは、ダイナマイトをはじめ、数々の爆薬を開発し、それによって多くの富を得ました。しかし、爆薬や兵器で富を得たノーベルに、一部から批判の声が上がっていました。
 ノーベルの兄が亡くなった時、兄の訃報がどのように記されているかと思い、フランスのある新聞を見たところ、『死の商人、死す』との見出しがありました。兄と取り違えられて自分の死亡記事になっていました。ノーベルは「自分の死亡記事」を読むことになりました。最初はその見出しに困惑しましたが、破壊の反対は何か、死後どのように覚えられるかを考え、自分が得た富(遺産)を、人類のために最大の貢献をした人々に分配するように、との遺言をしました。そして、ノーベル賞が創設されたのです。
 今週も、起こり来るささやかな出来事に対し、神様との深い交わりの中、あなたならではの「試練を宝に」を実践してまいりましょう。


 輝きを放つ秘訣(10月11日)


 人生の目的は、神の作品であるあなたが、あなたらしい豊かな香り、最高の音色を奏でて生きることです。そのための秘策は何でしょう。
 良き指導者を得て、教えてもらうことも一つの方法です。そして、その世界の本質、すなわち、大元を見いだし、そこから徹底的に学ぶことに優るものはありません。
 宮大工として著名な西岡常一氏は、徹底した『木の哲学』に基づいた仕事ぶりで絶賛され、文化功労者にも選ばれました。西岡さんが弟子を育てる方法を尋ねられると、「弟子にはカンナの使い方など、教えない。教えると自分よりうまくならない」と言われました。実際、弟子の一人の小川三夫さんに対し、西岡さんは、「小川はもう私以上の腕前だ」と太鼓判を押されました。(「朝日新聞」1989年2月11日付「向き合う人生」)。
 人々を魅了する内なる輝きは、あなたを支えるみ言葉の真髄を味わい、知りつくすことから生まれます。エレミヤが「わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。み言葉は、わたしに喜びとなり、心の楽しみとなりました。」(エレミヤ15・16)と言ったように、み言葉を眺めるのではなく、生活のただ中でくり返し試み、いのち(み言葉)をあなたの一部にすることです。
 今週も、日々、このことを心に留めていきましょう。




 (10月18日)







 (10月25日)