タクシーこぼれ話(8月15日)

私はタクシーをよく利用します。その度に運転手さんから様々なお話を伺います。なるほど、と大いに参考になるお話ばかりです。過日も、次のお話を伺いました。

ある日、お客様をお乗せし、目的地まで五千円かかると告げると、お客様は「三千円しかない」とのこと。メーターなのでどうしようもない、とお断りしようとしましたが、「自分が断れば次も同じこと」と、不足分はご自分が出したそうです。

運転手さんは請われる度にこの話をし、お客様は感動し、降りる時には必ず余分にお金をくださるそうです。もちろん、私も、降りる時にわずかな感謝の御礼をしました。運転手さんは、今では自腹で払った何十倍もの祝福を得ていると言っておられました。

もう一つ。タクシー運転手のご経験で一番困ることは何か、と伺うと、共通しているのは、酔っているお客様だそうです。乗った瞬間に爆睡し、行き先がわからなくなるので大変困るのです。

あなたは、人生のタクシーに乗る時、神様に明確に行き先を告げておられますか。ぼんやりし、意識が、心が、生活が眠ってしまうと、神様は、あなたをどこにお連れしてよいか、戸惑うことでしょう。

今週も、行き先をはっきりと告げ、豊かな目的地を主と共に目指しましょう。

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church