霊想

バックナンバー
no image

いのちの時間(2月25日)

2024/2/23  

ハンセン病患者に寄り添った神谷美恵子医師は、死が間近に迫った頃、「残る日々」という詩を書きました。   ふしぎな病を与えられ もう余り生きる日の少なきを知れば 人は一日一日を奇跡のように頂く ...

no image

大丈夫、救われるよ(2月18日)

2024/2/16  

全国的に活躍しておられる牧師先生をお招きして、中高生のための特別伝道集会を開いた時のことです。 講師の先生は聖書の話から始めず、自分がどんなに嘘つきであったかを話し出しました。その話の面白いこと!会場 ...

no image

肯定語を話す(2月11日)

2024/2/9  

「もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう。」 (マタイ17:20) ロサンゼルス ...

no image

最高の霊的体験(2月4日)

2024/2/1  

米沢市で「星野富弘 花の詩画展」が開催され、延べ四千人近くの方々が来て下さいました。星野さんは落下事故で首から下の身体が動かなくなり、人生に絶望した後、キリストの福音を信じてクリスチャンになられました ...

no image

奇跡を信じる(1月28日)

2024/1/27  

相対性理論を唱えたアインシュタインは、同じ物理学の友人と夜道を散歩していた時、突然、「君は、君が見上げているときだけ月が存在していると本当に信じるのか?」と尋ねました。彼は物理学の量子論に反対の立場を ...

© 2024 Yonezawa Kojo Church