今、日本に必要なこと(1月24日)

私たちは経験から多くを学びます。さらに、賢い人は歴史から学ぶ、と言われます。

日本の歴史を振り返ると、明治維新後は「富国強兵」と強い日本を目指しました。第二次世界大戦後は経済的に豊かな日本を目指し、高度成長によって大きな変化を遂げました。

幸せは豊かさの中に、と浸りつつも、今「豊かさが感じられない」と人々は言います。なぜなら、物質的に豊かであればあるほど、感謝の思いがそぎ落とされ、豊かさが心の貧しさを作り出すからです。それは「もっともっと」という生き方です。

今、日本に必要なのは「どんな時も大丈夫」の生き方です。強くても弱くても、豊かであってもなくても、どんな状況にあっても平安を生きる。このことを人々は求めています。

いつも平安を生きるためには、移り変わり行く価値観に生きるのではなく、どんな状況にあっても、すべてを最善にしてくださる主と共に歩むことです。み言葉は、「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。」(ローマ8:28)と、あなたに語ります。この神と共に生き、この方をどなたかに紹介する一週間を歩みましょう。

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church