本物人生の使者(9月25日)

毎日、ご相談を受けます。ご主人のこと、お孫さんのこと、経済のこと、健康のこと……。いかにご自分が大変な状況にあるかを、切々と語られます。そのような状況をしっかりお伺いしながら、お一人びとりが神様から答えをいただき、その人ならではの解決を見いだされていく姿を見せていただけることは、すばらしい体験です。

時には、とんでもない状況や人が、実は、天国からの使者であることを見いだす方も少なくありません。

「牛に引かれて善光寺参り」という言葉をご存じでしょう。干していた布を牛が角に引っかけ、逃げていくのを追って、とうとう信濃の善光寺まで行った強欲なおばあさんの話です。善光寺に逃げ込んだ牛の姿は忽然と消え、本堂に牛のよだれで「牛があなたの心を仏の道へと導いてくれたのです」と書かれており、おばあさんは今までの行いを悔い、信仰心が芽生えたというお話です。

神様は、人や出来事などを通して、あなたが本心に立ち返り、揺るぎない本物人生を生きるようにと願い、とりなしておられるのです。

さて、あなたにとって「牛」とは何ですか?あるいは、誰ですか?「このことさえなければ」という悲しみの思いから、「このことがあったことで本物人生に出会えた」と、方向が変えられるのが人生の醍醐味です。

-

© 2022 Yonezawa Kojo Church