2003年04月の霊想

  「何が」と「なぜ」 (4月6日)

 豊かに成長している人のコツは、試練に出会った時、「いったい何が問題か」という問い(what)を明快にすることです。「何が何だか分からない」と言いますが、健康のこと、仕事のこと、信仰のこと、人間関係等、すべてのことに「何が」という問いを忘れないことです。  「何が」という問いは、必ず、宝のあるところに人を導きます。
 例えば、「経済的に豊かになりたい」という目標に対し、「何が」としっかり問うと、お金が無いことではなくお金を得るための知恵が足りないということに気づきます。知恵が足りないとするならば、次に「なぜ(Why)」と問うことです。「なぜ」という問いは、物事を考えないから、ということに気づかせ、さらに「なぜ」という問いは、真剣さが足りないから、そしてさらに「なぜ」と問うてみるのです。「なぜ」を五回繰り返すと、たいがいの泉に突き当たります。
 「何が」という問い、そこからさらに、「なぜ」という問いは、あなたのすべての状況の中で神様からしっかりと宝をいただく方法です。それは、なんと素晴らしいことでしょうか。
 今週、この二つの問いにチャレンジなさってみてください。

  地域に仕える (4月13日)

 イエス・キリストのからだである米沢興譲教会は、あなたの祈りと尊い捧げものとご奉仕に支えられ、今、日曜の礼拝は、毎週五〇〇名に達しようとしております。
あなたと神様の熱心な交わりが機軸となり、福音の輪が大きく広がることは何とすばらしいことでしょう。
 米沢興譲教会は、特に、英語教育やカウンセリング等を通して地域社会に仕え、長い間ご奉仕させていただいております。この度も、カウンセリングの学びに、市の幹部職員数名の方をご招待し、学んでいただき、大変喜んでいただきました。また、毎年、歴史ある、ベルギーのゲール村を訪ね、心病む人々への具体的な関わりを米沢興譲教会でもできるようにと、今、関係者の方々が祈り備えておられます。そのために4月19日、日本でその働きを豊かにされている北海道浦河町より、『べてるの家』の方々が来られる集いも企画されています。
 福音を柱として、具体的に必要に応えられる教会として、さらに、充実した歩みをしていきたいものです。これも、ひとえに、あなたご自身の祈りとご協力が土台となっております。
 今週も、あなたの片手は神様とみ言葉につながり、片方は他の人々のためにと、両手の用い方を確かにしてま
いりましょう。

   

  十字架の奥義を知る (4月20日)

 Aさんが「キリスト今日の奥義である十字架の確かさを、知識や感情のレベルでなく、身体で、人格的に体験したい」とおっしゃいました。    
 そう問われたら、あなたは、どのようなアドバイスをなさいますか。    
 一杯の氷水をだされても、普通の環境下であれば飲まない方もおられるでしょうし、飲んでも、夏にはほど遠い、まだ春先の寒さの残る季節であれば、「もう一杯」と所望することはないでしょう。 しかし、何時間もかけて山に上り、のどカラカラの時に得た一杯の水は、「こんなに水がおいしかったのか」と驚き、感動し、その味わいを生涯忘れる事は無いでしょう。
 本当のこと、すなわち、真理(キリストの十字架)を知る一つの方法は、今、与えられている状況を忠実に、心いっぱい生きてみることです。何事でもはじめは楽しいものです。趣味レベルですから。しかし、それに打ち込むと、苦痛というよりも、拷問そのものになります。ステーキでも、朝昼晩と3食、10日も続けたら、もはや地獄の味わいとなるでしょう。
 そのような、自分の力ではもはや立ち向かえない現実でも、祈りつつ向き合っていくと、そこに真理が見え、十字架の奥義を体感できるのです。 

   

  適温を生きるために (4月27日)

 ある生物学者が、人間が生きていために最も大切なものを四つ挙げました。空気、水、食物、コミュニケーションです。三つ目までは「なるほど」と思える基本条件です。しかし、それと同じ重さで、人間関係能力が加えられていることは興味深いことです。
 人間関係能力は、この時代に最も大切なのうりょくです。お金もあり元気で学歴もあるのに、人との交わりが不得手なために損をしている人が多くおられます。
 スムーズな人間関係の為に大切なことは、自分自身に自信があることです。自分に自信がないと、媚びたり相手よりも優ろうとして勝ち負けの領域に引き込まれたりします。すなわち、暑いと言っては嘆き、寒いと言ってはボヤクという、二つの世界を行き来することになります。しかし、適温を生きていると、暑さも寒さも感じない世界を生きることができます。
 あなた自身が適温を生きるとは、あなたのあるがままを受け入れてくださる神様とともに生きることです。神様との交わりから来るエネルギーが、あなたと内なる人との交わりの力となり、さらには、あなたが出会うすべての人との人間関係をスムーズにする、最も大切な拠り所となります。今週も、このことをしっかり覚えて歩んでまいりましょう。

   

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church