黒船が来た!(8月29日)

人は誰でも、試練に直面すると、逃げるか、それと戦うか、の選択をしがちです。しかし、出来事に対して対応する力を備えている人は、まったく別な決断をし、それを実行します。

江戸時代、黒船が日本にやって来た時、有能な新しい日本の担い手二人がそれぞれに決断し、実行しました。一人は、「今こそ開国をし、日本が変わらなければならない」と決心しました。もう一人は、小さな船をこいで黒船に近づき、「この船に乗せてくれ」と命懸けで懇願しました。このような黒船を送ってくる国がある、その国に行ってみたい、という強い思いからでした。

日々の出来事の中、「困難」という敵がきた時、逃げるのでも戦うのでもなく、この二人のように、あなたならではの対応法をお持ちですか。実体がある人は、このような時に真価を発揮します。

どのような試練にも対応できる実体を確立するためには、いつも、どんな事にも祈り、私にはできなくても神の力によってできる、という思いで、日常の中、小さな事から、くり返しくり返し信仰の実践を積み重ねていくことです。やがて、大きな問題に立ち向かえるだけでなく、あなたならではの突破口を必ず見つけます。これこそが人生の醍醐味です。

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church