2015年7月の霊想

  人の役に立ちたい (7月5日)

 5年ごとに日本人の考え方などを探る調査機関があります。1953年に始まった「日本人の国民性調査《です。
最近では、2013年、無作為で抽出した20~84歳の男女3170人に面接して聞いた資料が公開されています。その質問の内容の一つは、「たいていの人は他人の役に立とうとしていると思うか《です。それに対し「たいていの人は他人の役に立とうとしている《と45%の人が答え、「自分のことだけに気を配っている《と答えた人の42%と初めて逆転しました。
この結果から、東日本大震災での被災者やボランティアの、他の人を思いやる振る舞いなどが日本人の意識に影響したと見られています。困った時に受けた人の温かい思いやりと、何とかして差し上げたいと思うボランティア心が、人々の意識を変えてきたようです。
本当の思いやり、愛の行いは、神様に愛されている実体があるからこそできるものです。誰もが神の作品であり、愛に応答しようとする心が備えられているのです。
今週も神様の愛を溢れるまで受け、満たされ、今与えられているその所で、あなたならではの愛を分かち合っていきましょう。
そこから神様のみ業が始まり、そのただ中に天国が建て上げられていきます。

  あなたの人生を切り開く(7月12日)

 人は、信じているように、結果を自ら作り出します。
今日、人間の脳は自分の信じたことを実現させるということが、科学的、医学的に常識となっています。
『プラシーボ効果』とは、「偽薬(プラセボ)を本物の薬と信じる人にはその効果が顕著に表れる《という実験から生まれた言葉です。この効果は昔から経験的に知られていました。そして、1970年代、科学技術の向上により、はっきりと実証され、解明されました。
私たちの体は、偽薬であっても、「効果がある《と信じていると、自らの脳内で鎮痛作用のあるホルモンを合成、作り出すのです。代表的なものがベータエンドルフィンという物質で、モルヒネの150倊という強い鎮痛作用を持っています。
同様に、あなたが口に出して語っていることこそ、あなたが信じていることであり、その結果を受け取っていることになります。
あなたは、今週、どのような言葉を口ずさみながら日をお過ごしになるでしょうか。あなたの体にも、生活にも、人生にも、大きな祝福をもたらす言葉を語りましょう。何よりも効果的なのは、み言葉です。み言葉を暗記し、夜も昼も口づさむことです。この習慣は、あなたの人生を豊かに切り開きます。

   変わらない価値(7月19日)

 最近、介護の現場でロボットを活用する取り組みが注目されています。ロボットと言うと人型をイメージしますが、その目的や機能によって様々です。
コミュニケーションを目的にしたアザラシ型ロボット「パロ《は、体長57センチ、重さ2・7キロ。すでに、3000体が現場で導入されています。ある認知症の方にパロを渡すと上安な行動が落ち着いて、ケアの質向上に役立っているそうです。他にも、歩行が難しい方の脚の動きを補助するタイプや、移動介助をする職員の腰を助け、負担を減らすタイプ等があります。
「介護は人の手で行うもの《との考えから、ロボットを敬遠する傾向はまだ根強いところがあります。しかし、介護される側は、ある調査によると、40代以上の8割の人が「ロボットによる介護を受けてもいい《と回答したとのことです。
時代は変わり続けていますが、人の大切さ、価値は変わりません。方法やそれに関わる技術は進化しても、人間だけが、いのちを通わせることができます。私たちは、皆、神の作品だからです。
「わたしたちは神の作品であって、良い行いをするよう に、キリスト・イエスにあって造られたのである。《(エペソ2・10)

  人生、成功の秘訣(7月26日)

 NHKの大河ドラマ『天地人』の原作者、火坂氏は、人間が下り坂になる唯一の条件を「慢心《と喝破されました。最強の堅城を持つ北条氏も、それを攻め落として天下統一をなした豊臣秀吉も、最後は慢心によって滅びました。
一方、徳川家康は慢心に気をつけ、長く世を治めました。徳川家康は、原点を忘れないために、かつて武田軍と戦い破れた直後の自画像を、天下人になった後も毎日見ていた、と伝えられています。
つい、初心の謙虚な心を忘れ、気がつくと傲慢になるものです。傲慢の特徴は、それに気がつかなくなることで、ちょうど庭の雑草と同じだからです。
人生、どの道を歩む者にとっても、心していきたいことです。
イエス様も、「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならねばならない。人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり《(マルコ10・43~45)と弟子たちを諭されました。また、「へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。《(ピリピ2・3)と、いつも私たちに語りかけます。
今週も、心して歩んでまいりましょう。

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church