人生を変える習慣(1月3日)

哲学者アランが『幸福論』の中で「幸福だから笑うのではなく、笑うから幸福なのだ」と言っています。

思い煩いを振り切り、一歩前進するきっかけの一つは、まず行動に移すことです。「好きか嫌いか」「損か得か」など、いろいろ考えますが、「できるかできないか」と考えるのではなく、「するしかない」と一歩踏み出してみることです。

逆に、充分な思考を重ねて決断することも大切です。ただし、単に「考える」ということで時を埋めるのではなく、結果を得るためには、考えたならそれを実践することです。あなたの行動が結果を生み出します。

これらは習慣です。人は、楽な方に流されやすいことを覚え、行動する習慣を身につけたいものです。もちろん、中には「よく考えずにすぐ動いてしまう」という、忍耐深く考えることを訓練する必要がある方もおられるでしょう。

このことについて相談を受けた時には、あなたに尋ねてきた人の心の位置、方向を知ってアドバイスなさることが肝要です。

「完全な自由の律法を一心に見つめてたゆまない人は、 聞いて忘れてしまう人ではなくて、実際に行う人である。こういう人は、その行いによって祝福される。」(ヤコブ1:25)

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church