2010年11月の霊想

  のがれる道  (11月7日)

  小惑星探査機「はやぶさ」の快挙は、間違いなく今年の十大ニュースの一つとなることでしょう。
 その航行中、数々の危機を乗り越えてきましたが、地球帰還を目前にした昨年9月、4基中3基のエンジンが故障し、「今度こそ絶望…」というムードが流れました。
ところが「故障箇所の違う2基をつなぎ合わせて1基分にしよう」という驚くような提案がなされ、それが見事に成功。はやぶさは無事に採取カプセルを地上にもたらしました。実は発案者の国中均教授が、研究者の用心深さから、2基をつなぐ予備回路を設計時に組み込んでいたのです。
 第1コリント10章13節に、「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである」とあります。「のがれる道」とは、ふもとからは見えない、山の中の小道・脇道のことを言います。試練に会う前はこの道は見えません。実際に試練を通り抜けている真っ最中の人だけが見出せる道なのです。
 試練や困難を私たちが通ることを神様はご存知で、すでに「のがれる道」を用意して下さっています。今週も恐れず、神の備えを信じて歩んでいきましょう。(M)

  人生の答  (11月14日)

  アルバート・アインシュタインはプリンストン大学で教鞭を執っていました。
 ある日、物理学の上級クラスで試験をしました。帰り道、解答用紙を運んでいた助手が尋ねました。「先生、この試験問題は昨年と同じですね」。アインシュタインは、「その通り」と、少しも動じないで答えました。その姿に助手が、「なぜ、同じ生徒に同じ質問を2年続けて出すのですか」とさらに尋ねると、アインシュタインは明快に答えました、「答えが変わったからだよ」と。
当時、物理学界は新しい発見等で変化が激しかった時代だったからです。
 人生も、アインシュタイン時代の物理学界のように、問いは同じでも、答えはその状況、その立場によってみな異なるものです。昨日と同じように思える一日でも、この日は二度と戻ってこない一日です。
 また、日々、様々な出来事に遭遇しますが、その時、あなたはどのようにとらえていらっしゃいますか。 「どんなことにも意味や価値がある」と答えを先に出し、それから中を埋めていく生き方もあります。この生き方をするためには、いつも最善をなしてくださる主の言葉に立ち、日々祈り、天の窓を通して、新鮮な眼で物事を、人生を捉えることが秘訣のようです。

  量より質  (11月21日)

 「量より質」という言葉があります。この言葉から、『質』は『量』の対極にあるように感じる方もおられるでしょう。しかし、実は『質』は『量』から生まれます。
 例えばゴルフの初心者なら、二百発の練習で「ああ、疲れた」と声が漏れてしまうのが常ですが、ジャンボのニックネームで知られた尾崎将司選手は、プロになる以前に一日四千発を打ったと言われます。また、中嶋常幸選手は、友人のプロが「私は一日三千発打つ」と言ったことに対し「数えられるだけいい。私は数えられないほど打っている」と答えたそうです。グリーン上での正確なアプローチは、この豊富な練習量によって支えられているのです。
 祈りも同じです。洗礼を受けた当初は、礼拝や祈祷会で捧げられる祈りの長さと、その洗練された言葉に圧倒され、とてもあのようには祈れない、と思いがちです。しかし、たとえ拙い言葉であっても、長く祈れなくても、父なる神様が聞いていて下さると信じ、祈りを積み重ねることです。ちょうど、幼な子が初めは言葉にならない音声を発しながら、徐々に周囲の人とコミュニケーションをとっていくことができるように、あなたの祈りもやがて的を射た的確な祈りとなっていきます。
 数をこなし、反復し、続けることこそ、人生において豊かさをもたらす秘訣です。今週も心して参りましょう。

  信じる力  (11月28日)

「時速50キロで旅をすれば、だれでも窒息してしまう だろう。」(1840年)
「人間が飛行することを可能にする機械を組み立てるこ とは不可能である。」(1901年)
「月に行きたいと思う考えは根本的に不可能である。」(1926年)
 これらはすべて、過去の新聞に載っていた内容です。
 昔は不可能だと思っていたことが、今は可能になっていることが多くあります。もちろん、あるものは、科学などの進歩と共に現実のものとなってきていますが、その根本に『不可能な問題』があるのではなく、『不可能な考え』があることを教えられます。
 多くの『奇蹟』は、どこか遠くの誰かに起こることではなく、実は、私たちの心から起きるのです。
 あなたは、あなたの内に住んでおられる神を、どれほど偉大でどれほどの力のある方だと思っていますか。
 神はすべての問題を解決できる全能な方です。人にはできないことも、神にはできないことはありません。この神を信じることこそ、折々に『問題』ととらえてしまう私たちに最も必要な力です。
「あなたがたの信仰どおり、あなたがたの身になるよう に」。(マタイ9・29) (A・T)

-

© 2021 Yonezawa Kojo Church